【2022年最新版】ヘラクレスオオカブトのギネス記録が更新!190mmも夢ではない!?

【2022年最新版】ヘラクレスオオカブトのギネス記録が更新!190mmも夢ではない!?

2022年4月28日にヘラクレスオオカブトのビークワギネスサイズが182.8mmに更新されました。飼育者は福岡県延岡市でぶどう農家を営むHirokA氏です。

ヘラクレスオオカブトのギネス記録のこれまで【歴史】

これまでのビークワギネスは以下のようになっており、今回6年ぶりにHirokA氏がギネス記録者としての座を奪還したことになります。

ヘラクレスオオカブトのビークワギネスの歴史

2022年:182.8mm / HirokA氏
2018年:181.0mm / 松田氏(Amazoico)
2016年:174.0mm / HirokA氏
2015年:171.8mm / 河野氏(リバーフィールド)
2014年:170.0mm / HirokA氏
2011年:167.7mm / 河野氏(リバーフィールド)
2010年:165.3mm / 河野氏(リバーフィールド)
2009年:164.2mm / 河野氏(リバーフィールド)

[参考]

182.8mmのヘラクレスオオカブトで世界最大級に認定 試行錯誤重ねるブリーダー 次は“世界で初の185mm超”目指す【宮崎発】

巨大カブトムシ 体長174ミリ、国内最高更新

クワガタワイワイVOL.2 「神ブリーダーに聞く、ヘラクレス飼育の秘密!!」 

ヘラクレスオオカブトのギネス記録は190mmも夢じゃない!?

先に紹介した、「ヘラクレスオオカブトのギネス記録のこれまで」からもわかる通り、この10年間でヘラクレスオオカブトのギネス記録は飛躍的に伸びています。

もちろん、生物的なポテンシャルの限界もあるので、今後10年間もこれまでのように伸び続けることはないとは思いますが、それでも190mmの世界線は必ずあると筆者は感じています。

この度、ギネス記録を更新したHirokA氏は、次の目標を「世界で最初に185mmを超えること」だとしているようです。

筆者としては、業界全体がより活発になり、ギネス記録を狙えるプレイヤーが今後増えてきてくれるといいなと感じていますし、そうなるように業界の活性化に向けてできることは筆者自身も頑張っていきたいと思います。

\ヘラクレスオオカブトの飼育方法まとめ/
まとめ記事はコチラから
\ヘラクレスオオカブトの飼育方法まとめ/
まとめ記事はコチラから